0120-415-414

  • HOME
  • ごあいさつ
  • 保育理念・特色
  • 園の一日
  • 入園案内
  • お問合せ

食事

お箸はいつ頃から持たせればいいの?

ご飯の時、まだスプーンを使わせていますが、いつからお箸の練習をすればいいでしょう。(2歳6ヶ月)

まず、いつ頃から持たせたら良いかということですが、今すぐにでも持たせて上げましょう。

お箸を使うと指先をたくさん動かします。
指先は大脳に直結していますので、指先を動かすことによって、想像力・思考力が身について頭が良くなるのです。
もしお箸を持っていなければ、子ども用の短めのお箸を一緒に買いに行き、子ども自身に好きなお箸をおもちゃ感覚で選ばせてあげましょう。
子どもは真似っこの天才です。
見たものを何でも真似して勝手に吸収していきます。
家族も正しい持ち方でお箸を使うようにし、子どもと一緒に楽しく食事をしましょう。

次に、どのようにお箸の使い方を教えたら良いかということですが、一番最初は「こうやって持ちなさい」と叱っていくのではなく、まずは楽しんで食べる事、そしてお箸を使って口まで運ぶことができたら、お家の方も一緒に喜んであげるようにしましょう。
その上で「こうして持つのよ」と正しい持ち方を教えてあげれば楽しんでそれを真似ようとしてきます。
お箸を持つのは早ければ早いほうがいいのですが、お箸に興味を示しかけた時に一番気をつけて正しい持ち方を教えてあげましょう。

お子さんがお箸を持つのを嫌いにならないように、楽しみながら段階を踏んで徐々に教えてあげてください。




  • ごあいさつ
  • ちびっこランドの保育方針・特色
  • 安全対策について
  • 園の一日
  • 年間行事・イベント
  • 入園案内
全国ご希望エリアのちびっこランドをご案内いたします。

0120-415-414

メールでのお問合せはこちら